出産準備 節約

出産までにかかるお金

妊娠・出産は基本的には健康保険が適用されないため、ある程度のお金を用意しておく必要があります。 一般的に出産にかかる費用は50万円〜100万円といわれています。 大体以下のような内訳となっています。

・妊婦健診費用
出産までは定期的に妊婦健診を受けて母体と胎児の健康を確認していかなければなりません。 大体平均10回以上となり、ここで大体10万円くらいかかってきます。

・マタニティ用品の費用
奥様も胎児が大きくなるにつれ、色々なマタニティ用品が必要になってきます。 徐々に体型が変わってくるので、それに合わせてマタニティ用品を揃えていくと大体5万円程度かかってきます。

・出産準備用品の費用
赤ちゃんが生まれますと、今度は赤ちゃん用の肌着・オムツ・ミルク・寝具と様々なものが必要になってきます。 赤ちゃんが生まれた直後にこれらのものを買いに行く時間なんてあまりありませんので、準備しておかなければなりません。 様々なものを用意していますとここで大体10万円程度の費用がかかってきます。

・出産費用
これは病院のグレードや病室のグレードなんかによって変化してきます。 一番費用がかかるのもこの出産費用でして、一般的な病院や病室ですと大体30万円〜70万円のお金がかかります。 より快適な病院や個別サービスが充実している病院も100万円以上払えば利用できます。 夫婦で相談して、どんな病院でお子さんを出産したいかについて話し合うことをオススメします。

以上の内訳で、大体50〜100万円の費用がかかってきます。 冒頭で健康保険はきかないと述べましたが、それに代わる保証制度も多岐にわたって利用できますので、よく確認しておきましょう。

↑ PAGE TOP